映画『チャイルド・プレイ』のホラー評価・恐怖度合い

作品情報

視聴者の評価・感想

おしゃべり人形から追われるホラー映画

ハンドルネーム

レイ(30代・女)

評価点

★★★★★★★(7点)

類似作品

・13日の金曜日 ・エルム街の悪夢

感想

この映画の怖さは、殺人鬼の魂が乗り移った子供向けのおしゃべり人形・チャッキーから追われるという恐怖です。人形でありながら動いたり話したりすることもできるので、その人形に狙われている普通の人間は大変です。人形が話したり、動いたりする怖さだけでなく、人形なので人間よりも様々な場所に潜り込むこともできる怖さもあるからです。いつも、どこからチャッキーが現れるのか予測がしにくいので、見ている側もハラハラします。さらに、この人形の怖さは再生能力もあることです。シリーズ中で、人間の主人公などから何度も破壊されていますが、その度に復活しています。そのため、次のシリーズが気になってしまい、怖いと分かりながらも続きを見てしまいます。

人形に襲われる恐怖を体験できる作品

ハンドルネーム

たける(20代・男)

評価点

★★★★★★★★(8点)

類似作品

・パペット・マスター

感想

殺人鬼の魂が人形に乗り移るという設定がかなり面白いですし、その人形のビジュアルがめちゃくちゃ不気味であることも高評価したいポイントです。人形であるチャッキーはその体の小ささを活かして、狭いところから人間をナイフで殺したり罠を仕掛けたりします。このように殺し方にバリエーションがあるのも見てて楽しいですし、結構頭が良いことが伝わってきます。そしてチャッキーの一番の怖さは、とにかくしつこいということです。腕や足が千切れても、体を焼かれても自分のターゲットを殺すまでは追いかけ続けます。チャッキーの体がボロボロになるにつれて、見た目の怖さも増していくところが良かったです。後半のシリーズになると、チャッキーに奥さんができたり子どもができたりして、ネタ路線に走るのも含めて楽しめました。

コミカルなホラー映画

ハンドルネーム

アーロン(40代・男)

評価点

★★★★★★(6点)

類似作品

霊幻道士

感想

1作目からチャッキーの子供が登場する5作目まで視聴しました。単に怖いだけでなく、思わずクスッと笑えてしまうようなコミカルな演出もあるのでホラー初心者やホラーが苦手な人も楽しめる作品になっています。さらに可愛らしい人形がまさかの殺人を犯しているというギャップなどの意外性があり、さらにチャッキーが1作目は普通の人形だったのがシリーズを通して徐々に風貌もよりホラーテイストになっていくなど次のシリーズではどんな姿になっているのかを見ていく楽しみもありました。そして、特に4作目と5作目はよりコメディな演出も多くなっており、一緒に見ている人と色々とツッコんだり、思わず語りたくなるようなシーンもあって面白かったです。

チャッキーがとにかく可愛い映画

ハンドルネーム

もも(20代 男)

評価点

★★★★★★★★(8点)

類似作品

エスター

感想

チャッキー人形という見た目が可愛らしいのに恐ろしい行動をするという設定が好きです。私は1作目も見ました。そもそもチャッキー人形自体はホームレスの人から購入するという変わった入手方法なのですが、それが恐ろしいことになるという点が面白いです。そしてだんだん怖くなってくるのですが、チャッキーが襲い掛かるシーンは迫力があります。最初はだれも人形だと思っているので、その人形が襲い掛かること自体が怖いのです。しかし、それに加えて実際に殺されそうになってくるという怖さもあるので2重で恐怖を感じるようになっています。さらに、ラストで何とか平穏が訪れるという結末も良いなと思います。暗くない点も見やすい映画です。

怖すぎる!子供が見たいときは側に誰かいてあげて欲しい作品

ハンドルネーム

ハム太/50代/女

評価点

★★★★★★★★(8点)

類似作品

IT キャリー ホーンテッド アナベル

感想

"1988年に作成された映画が最初の作品ですが、小さい頃見たときは一人では絶対見れない!と思う程恐怖しかありませんでした。 チャッキーが殺人鬼だと知らずにプレゼントされてしまった所からストーリーは始まります。 主人公アンディの命が狙われていくときのチャッキーの表情が、回を重ねるごとに怖くなっていきますます人間に近づいている感じです。 なぜチャッキーは捕まえられないのか!見ているこっちはイライラとヒヤヒヤがたまりません! チャッキーを見てから我が家の人形たちは人形たちは、姉の部屋に引っ越しさせました。 それくらい1話目がとても怖かったです。 2話目でも,再びチャッキーが現れるのですが、施設で出会ったカイルという少女との戦いが面白かった とても優しく、たくましいカイルが側にいてくれて良かったです。"