映画『13日の金曜日』のホラー評価・恐怖度合い

作品情報

視聴者おすすめの類似作品

視聴者の評価・感想

惨殺系ホラーの決定版

ハンドルネーム

50代・男

評価点

★★★★★★★★★(9点)

類似作品

エルム街の悪夢

感想

シリーズ化している作品で、私が見たのは1~4とフレディvsジェイソンですね。個人的には最初の作品が一番です。というのも途中からジェイソンって人間の手に負えないレベルの強さになってしまいますから。でも最初の作品はまだ人間レベルといいますか、巨漢男性がチェーンソーを持って襲ってくるっていう感じ。なのでやられる側も多少は対応可能なんです。実際最初の作品ではジェイソンをやりこめてしまいますし。初期は下手に逃げ惑ったりできる分だけ怖さが増しました。あと印象に残ったのはフレディvsジェイソンです。どちらもホラー映画界を代表するキャラクター。この両者が相争ったらどうなるのか?は興味のわくところです。どちらかというとジェイソンが人間サイドになってましたけど、ボスvsボスという強者同士の対決が痛快で面白かったです。

定番のスプラッター映画

ハンドルネーム

もも(20代 男)

評価点

★★★★★(5点)

類似作品

リング

感想

1980年公開のものを見ました。やはり、ホラー映画界の重鎮としての貫禄はあるなと思いました。スプラッター映画として今では言われているようなホラー映画のあるあるをしっかりと踏襲してくれる点が良いなと思いました。ジェイソンもしっかりと怖いのでそこも良いなと思いました。ですが、今の設定が入り組んでいるホラーを見ているので今一つ足りない感じもありました。正直、スプラッター映画はこの公開から40年以上たってやりつくされている感じはあるからです。その入り組んだものを見ている人からすると、想定内のことしか起きないと思われてしまう可能性はあります。しかし、ジェイソンの怖さはあるので見ごたえ自体は消えていないかなと思います。

13日の金曜日に起きる惨殺殺人

ハンドルネーム

ゆう

評価点

★★★★★★★(7点)

類似作品

ハロウィン

感想

この13日の金曜日は、日本でもとても話題になりました。そして日本では全く関係ないにも関わらず、13日の金曜日は不吉な日ということが一般的となっています。カレンダーで13日の金曜日があると、なんとなく嫌な感じがするのです。お祝いごととかそんなことをしたくないと、ほとんどの人が考えていると思います。不吉で、人が命を落とす日と印象づけられていると感じました。 ここで登場するジェイソンも同じです。ジェイソンという言葉が、一つの殺人鬼と一般的に言語になっています。それだけ多くの人が、この映画を見てショックを受けたのです。殺人の仕方が、グロテスクでありそのこともトラウマになります。グロテスクが嫌な人は、要注意です。

苦手な方も観られるお決まりの曲と共に期待に応えるホラー映画

ハンドルネーム

Kazu-Tora

評価点

★★★(3点)

類似作品

・エルム街の悪夢 ・悪魔の生け贄

感想

"ホラー映画にとって3本の指に入るほど有名な作品ではないでしょうか。 シリーズと関連を含め12本もある作品で、私が観たのはPart 1から完結編です。 独特なマスクを付け武器を持つシェイソンは恐怖を感じるよりも、かっこ良さを感じる。 襲われる時はいつも決まっていて、登場BGMがかかるよりも先にわかります。 それで来なかったりするのではなく、しっかりと登場するあたりヒーロー見参な雰囲気。 シェイソン自体の強さもありますが、高度な武器を使用せずナタや斧を中心なのも好感度高いです。 時には遠距離であるボウガンありますが、闇に隠れてではなく登場して使うので見る側に笑いもあります。 世間のイメージ的にはシェイソン=チェーンソーでありますが、劇中に使ったことはありません。 イメージ先行で見られた方は不思議と思うでしょう。 手軽で威力の高い武器は使わないのがシェイソンの良いところなのです。 この映画が誕生してから金曜日が13日の時は不吉などと日本でも言われるほど影響力絶大。 私のなかでは陸のジョーズと思わせるくらい最高作品です。 他作品のキャラクターと対決するものも存在しますので、色々探すのも良いでしょう。

チェンソーも一躍有名に

ハンドルネーム

高木 30代 男

評価点

★★★★★★★★★(9点)

類似作品

・リング

感想

"これは傑作な映画になっているんじゃないかなと思いました。10点をつけるほど凄い映画では無いですが9点位をつけてもいいかなと思っています。 それを言うのもホラー映画として、ホラー映画は数多くの映画が世の中にあるわけですが、一番有名ではないか?と思われる位有名な作品になっているんじゃないかなと思います。エクソシストも有名ですが、それ以上に有名なのではないか?と思います。 1番有名?と言うのはさすがに言い過ぎたかもしれませんが、それぐらい知名度があるんじゃないかと思っていますしオカルトマニアの中でもこの映画は面白いからと言っている人もいる位有名ではないかと思っています。 日付と曜日を決めているので、この映画にハマった人たちは不吉な数字だと頭の中で記憶にいつまでも残るんじゃないかと思っています。 厄年というのがありますがこれも不吉なことがあると言われていて、ただその年齢で不吉なことがあることが全くない人もいると思うのですが、つまりこれは人間が作り出した数字で恐れているものの1つになってしまうんじゃないかなと思いますがそれに似ているものもあると思います。"